訪問看護を利用するには

訪問看護は、医療保険・介護保険どちらでもサービスを受ける事が出来ます。
サービスを受ける場合は、主治医の「訪問看護指示書」が必要となります。

・医療保険で訪問看護を利用する場合

(自己負担は年齢や保険種別により1割~3割)
0歳児からご高齢の方まで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。
主治医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

・介護保険で訪問看護を利用する場合

(自己負担はサービス利用の1割~3割 ※法律改正により変動あり)
要支援、要介護認定が必要です。
介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成するケアプランの一部として、訪問看護が組み込まれます。
※疾病の種類によっては医療保険の対象となりますので、詳細はお問い合わせください。

医療連携画像

 

在宅での訪問看護利用のニーズを理解し、介護保険等利用の是非をも考えて訪問看護サービス計画をたて契約を締結後にサービス開始。

 

 

ご利用までの流れ

 

訪問看護の利用を検討

医療・介護保険の対象となる可能性を検討

訪問看護指示書

訪問看護ステーションとの契約

訪問看護計画に基づき、訪問看護サービスを開始

 

※自費プランもございますので、お気軽にご相談ください。詳しくは レディーバグ訪問看護ステーション武蔵小山にお問い合わせください