「訪問看護って何をするんですか?」ここをオープンしてから、そんなご質問を沢山頂くようになりました。そこで「訪問看護」を多くの方々に知って頂きたく、今一度お話しさせて頂きたいと思います。

訪問看護とは、看護師が病気や障害を抱えた患者様の居宅を訪問して、主治医の指示や連携により看護を提供します。

看護の内容としては、病状の観察(病気や障害の状態、血圧、体温、脈拍等のチェック)、医療機器の管理(在宅酸素、人工呼吸器)、療養上のお世話(身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助、指導)、床ずれの処置(床ずれの手当てや床ずれ防止の工夫や指導)、ターミナルケア(ガン末期や終末期などでも自宅で過ごせるようなその人に合った看護)などを個々の患者様に合ったケアを、提供致します。

病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭でその人らしく最期まで過ごせるように、看護師が専門的な目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで24時間365日対応し、支援します。

最期を家族や身近な人達に見送られたい…という願いを…「その人らしく生ききる」を私共、訪問看護師が支援していきたいと思っています。

看護師        渡辺    智子